土地の査定方法を知っていますか?

trsts

土地の売買を考えている方の中には、査定を行う場合が大半かと思います。
売却したいなどというときには、必ずといっても良いほど必要なものとも言えるでしょう。
そこで、今回は改めて土地の査定方法について考えていきいと思います。
どのような基準で査定をされていくのでしょうか。

机上査定について

机上査定とは、1年に1回、国土交通省から発表される「公示価格」ですとか、過去の土地の成約事例データを参考にして、その土地の価格を算出するという方法なります。
実際に土地を見るわけではないものの、相場や膨大な取引事例などといった「客観的なデータ」に基づいて価格が三所つされます。
ですから、精密とはいえないものの、一定以上の正確性は見込むことができるでしょう。
物件の基本的な情報を参考にして価格を算出していますので、不動産会社ごとによって価格差が発生することがほとんどないという特徴もあるのです。
ですから、まずは大体でも構わないからその額を知りたいなどというときに有効的でしょう。

訪問査定について

不動産会社の担当者が実際にその売却したい土地を訪問します。
具体的な査定方法ですが、土地の基本情報から過去の取引事例などという客観的データに基づきます。
それは机上訪問と同じといえるでしょう。
これらに加えて、土地の地形や立地条件・使用状況やインフラ状況などあらゆる角度からの情報に基づいて土地の価格が算出されるのです。
そして、実際に担当者が訪問して見えてくる「現地の状況」ですとか「周辺環境」なども査定額に盛り込まれます。
このことによって、より具体的で適正な価格を算出することが出来るというわけです。

訪問調査の期間について

現地での調査時間は、平均的に言うと数十分程度となっています。
そして、価格が提示されるのには数日程度かかることが多いようです。
訪問査定を依頼する場合、登記簿謄本や測量図・権利賞・公図などを用意しておく必要も出てきます。
かく不動産会社によって、必要書類が異なる場合もありますので、依頼をされる前に確認をしておくと良いでしょう。

それぞれの取り入れ方

机上査定の場合、気軽にその価格を算出することが出来ますので、まず最初にという感覚で取り入れていただきやすいでしょう。
逆に、訪問査定の場合、具体的に土地を売却しようと決断した段階が良いといわれています。
それぞれの査定を自分自身の環境や考えと照らし合わせて検討していと良いでしょう。

査定の方法と方針

土地の適正な価格や価値を知る場合、それぞれの査定の方法そして違いについて把握をしておくことをおすすめします。
そして、その方法と合わせて、自分自身の中で「土地をどのように売却したいのか」というできるだけ具体的な方針を固めておくことをオススメしたいと思います。
また、査定に伴い各種相談も各不動産会社は行っているかと思いますので査定についての相談をしてみるのも良いかもしれません。
初めての方ですとそのほうが安心感もあるでしょう。

一括査定

いくつかの不動産会社に簡易的な査定を行ってもらえる「一括査定」などという方法もあります。
一度に多くの査定額を知ることが出来ますので、効率的かつ参考にもしやすいことでしょう。

査定の方法を知ること

改めて査定の方法を知ることによって、自分の状況にあわせた査定スタイルを取り入れることが出来るでしょう。
これから土地を売りたいという方は参考にしてみてください。
【PR】:土地査定で損しないために

更新情報